知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > 浴室の機能

風呂・バス・洗面室のリフォーム豆知識

2.浴室の機能

給湯器について


バスリフォーム給湯器は浴室にお湯を供給する大切な役割を担い、安全で快適な浴室のリフォームのためにとても大切です。様々な機能を持っており、十分その特徴を押えておくことが必要です。


給湯器には、フルオートとセミオートの2種類があり、どちらもスイッチを押すと、浴槽の下にある穴からお湯が出て一定量貯まると自動的に止まり、時間が経って温度が下がると自動的に追い焚きをします。
違いはフルオートの場合、お湯が少なくなると自動的にたし湯まですることです。


フルオートは全て自動でやってくれるので快適で便利です。
セミオートはたし湯については手動になりますが、必要な時に足し湯すれば良いので経済的と言えます。

 

家族の人数や入浴する時間、使い方などからライフスタイルにあったタイプを選ぶと良いでしょう。

 

換気扇の役割


バスリフォーム・入浴換気扇は浴室内の湿気や汚れた空気を排出する大切な役割を果たしており、室内を乾燥させてカビなど生えにくい環境にします。
浴室は水を大量に使い、身体の汚れを落とす場所なので、不潔になりがちです。また浴室はカビが生えやすい条件(温かく湿気が多い)が整っているので、室内を乾燥させておくことは、浴室を清潔に保つための重要な条件です。


多機能型の換気扇を設置すれば、排気だけでなくヒーターによる温風で素早く室内を乾燥させることも、衣類を吊るして乾かすことも出来るので便利です。
また、浴室内を温風により温める暖房機能も付いているので、ヒートショックを抑制することが出来ます。

 

床と壁


バスリフォーム、桶在来型の浴室の場合、正方形のタイルを貼り付けた壁、あるいは床が一般的です。
壁がタイルの場合、タイルとタイルの隙間を埋める目地に汚れやカビがつきやすく、掃除も大変でしたが、現在のユニットバスの壁の主流は、表面のつるつるした大きなパネルです。
目地も少なく、パネルの表面もなめらかなので汚れやカビがつきにくく、掃除もしやすくなっています。

 

床も縦横に細かい溝を張り巡らせ、毛細管現象により素早く水を流して乾燥を促し、かつ、滑りにくく安全になっています。 また、床下に断熱材を入れて、冬床が冷たくならないように工夫されているものもあります。

 

浴槽の素材


浴槽の素材は人工大理石、FRP(繊維強化プラスチック)、ホーローなどが主流です。

人工大理石は質感も良く高級感があり、汚れもつきにくく清潔感があります。
FRPは丈夫で保温性も高いのですが、傷に弱く汚れがつきやすいのが難点です。
ホーローは光沢があり耐久性に優れていますが衝撃は弱いという面もあります。ユニットバスでなく在来の浴室を作るのであれば、浴槽も木製やステンレスなど素材の選択範囲が広がります。


浴槽の形は基本長方形で、底が平らなタイプと、高齢者や小さな子供でも安全に入れるように段が付いているタイプがあり、この段に腰掛けて半身浴も出来るようになっています。

浴槽を断熱材で包み、お湯を冷めにくくしているタイプもあります。

 

風呂・バス・洗面室のリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る