知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > 門まわりのプランニング

エクステリアのリフォーム豆知識

9.門まわりのプランニング

門まわりのプランニング

 

門柱について

 

門柱はコンクリートブロックや鉄筋コンクリートなどで作り、ポストや表札、照明を設置します。

デザインや仕上げの素材は、好みと建物とのバランスで自由に選ぶことが出来ます。

 

ポストは門柱から口だけが出ている口金タイプ、装飾性の高いデザインポストなど種類も豊富です。
表札は木製、陶器、ガラス、ステンレスなど素材も豊富で、字体も様々な種類があり、選ぶ楽しみがあります。


また、こうした一から作る門柱ではなく、レディーメイドの門柱もメーカーは用意しています。


エントランスに必要な門柱灯、インターホン、表札、郵便受けを一体にした門柱を機能門柱と言います。

デザインも豊富で、シンプルなモダンタイプや優雅なアンティーク調と様々です。

 

狭小敷地に対応したスリムなタイプもあるので、門まわりのリフォームを計画したら検討してもよいかもしれません。

 

エクステリアの照明

 

エクステリアの照明は、門まわり、アプローチ、玄関の3点照明が基本です。


門柱の照明は、門扉の鍵穴を確認したり、階段でつまづいたりしないよう、門まわり周辺を明るくする役割があります。また、門まわりが明るいと、不審者を感知しやすいので、防犯面でも有効です。


門から玄関までのアプローチにフットライトやエントランスライトを設置すると、安全確保と同時に暖かな雰囲気も演出できます。


照明の電気の入り切りは、熱線センサーや明るさセンサーの付いたものが良いでしょう。
門まわりの照明は暗くなると自動で点灯する明るさ感知センサー、アプローチは人が近づくと点灯する熱線センサーと使い分けると、電気代も無駄にならず防犯上も有効でしょう。

 

インターホンについて

 

インターホンは来客を知らせるだけでなく、防犯の役割も果たします。

空き巣の手法のひとつにインターホンを鳴らして留守を確認するというものがあります。

 

カメラ付きインターホンで、チャイムを鳴らすと録画が始まるタイプがあります。
留守をした時の来訪者の確認が出来るだけでなく、不審者チェックにも役立ちます。
インターホンの交換は配線があれば短時間で出来ますので検討してみると良いでしょう。

 

 

エクステリアのリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る