知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >窓をプチリフォームして快適な暮らし

プチリフォーム豆知識

1.窓をプチリフォームして快適な暮らし

 

寒くて暑い部屋


部屋の中が暖房してもなかなか暖まらない、冬場朝起きても布団から出たくない、 夏は閉めきっておくと蒸し風呂みたいになる、といったお悩みはございませんか?
仕方がないと諦めていませんか?

 

プチリフォームで意外に簡単に解決できることがあります。
部屋が寒いあるいは暑い理由は、建物の断熱性能が低いからです。
断熱性能が低いという意味は、熱が外に逃げやすい、あるいは、外の気温の影響を受けやすいということです。
ということは、部屋の断熱性能を高めれば良いということになります。

 

どのような方法があるか?そのひとつが、最も熱が逃げやすい(入りやすい)窓に手を加えることです。

 

窓に注目


窓はガラスでできている上に、日当たりを確保するため壁の大きな面積を占めます。

 

暖かい家古いタイプの窓ガラスは単板ガラスと言ってガラス一枚のものが多く、熱を通しやすいあるいは逃げやすいのです。また、結露も発生しやすいのです。
最近の高断熱のサッシはガラスが二重になっていたり、枠が熱を通しにくい樹脂や木製になっていたりします。
窓の断熱性能を高めるには方法が3つあります。

  1. サッシを交換する
  2. 二重サッシにする
  3. ガラスを交換する

順番に見て行きましょう。

 

サッシを交換する


窓のリフォームサッシを交換する場合、枠を取り外して交換する方法と、枠を残したまま交換するカバー工法と呼ばれる方法があります。

 

枠を取り外す場合、外壁や内部を一部解体することになりますので、 カバー工法のほうが短工期で費用的にも比較して安価なのでお薦めです。


サッシを交換する方法のメリットは、ガラスをペアガラスに変更できるので、部屋の断熱性能が高まり、暖房も冷房もよく効くようになることです。
また、アルミサッシを断熱性能の高い樹脂サッシに交換できるので、サッシ枠の結露を防ぐことが出来ます。
サッシの種類も、引違いだけでなく、すべり出し窓や開窓などに変更することが出来るので、部屋のイメージを変えることも可能です。


枠を取り外す方法とカバー工法それぞれ、外壁の厚さなどにより、どちらも施工の可不可があるので、リフォーム会社に相談すると良いでしょう。

 

二重サッシにする


暖かい家現在のサッシをそのままにして、内側に樹脂製の窓を追加して、サッシを二重にする方法もあります。

 

YKKのプラマードや、LIXILのインプラスという商品があります 。

既存の窓には手を加えないので、手軽に取り付けができます。工事も1箇所1時間程度と短時間で施工可能です

 

窓を二重にするので、断熱性能が高まり冷暖房効率が良くなりますし、結露も防ぐことが出来、防音効果もあります。
窓枠の寸法などに制限があるので、リフォーム会社に相談すると良いでしょう。

 

ガラスを二重にする


ガラスだけを交換して二重にする方法もあります。

窓枠の厚さに制限されますが、これも断熱効果を高める効果的な方法です。
但し、サッシ枠の素材はそのままなので、上記の2つの方法の方が効果は高いかもしれません。

 

省エネ住宅ポイントのポイントについて


省エネを目的とした改修工事に対して、名産品やプリペイドカード、商品券などに変えることの出来る省エネ住宅ポイント制度がスタートしています(国土交通省による)。


上記の窓の断熱工事はポイントの対象となります。
例えば2.8㎡以上の大きな窓の交換や内窓設置であれば1ヶ所20,000ポイント、ガラスの交換であれば8,000ポイントがもらえます。
申請手続きや、期限などがあるので、詳細はリフォーム会社に相談しましょう。

 

 

小さなリフォーム・プチリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る