知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 玄関の網戸編

リフォーム・リノベーション豆知識

8.ワンラックアップのリフォーム 玄関の網戸編

障子
通風は大切

家族建物にとって、風の抜け、つまり通風はとても大切です。
風が建物の中を抜けることで、空気が動き、室内を乾燥させ、汚れた空気を外に出すことができます。


逆に風が抜けないと、カビを増やす原因になったり、空気が淀んで健康に悪影響を与えたりします。
風の通りを確保するには、通常南に大きな窓をとり、北側に小さな窓を取ります。

夏は、風は南から入って北に抜けます。
南の大きな窓が風の入り口で、北側の小さな窓は出口です。

冬の北風は冷気を持っているので、北側から入ってこないように窓を小さくします。

通風の盲点

玄関一戸建てでも、マンションでも、風の抜け道として非常に効果が高いのに、活用されていない開口があるのをご存知でしょうか。

活用されていないということは、常に閉まっている開口のこと、そうです、玄関のドアです。

なぜ常に閉まっているのか。
それは、網戸がないからです。

玄関を開けておくことで、風が抜けて涼しくなるのはわかっているけれど、蚊や虻などが入ってくるので、開けっ放しにできないのです。

玄関に網戸を設置している家は意外と少ないのです。

理由は以下の様なものが考えられます。

  1. 玄関用の網戸があることを知らない
  2. 開け閉めがしにくいので、出入りの多い玄関には不便。
  3. 頻繁に出入りするので壊れやすい。
  4. 冬は出入り口に網戸があると邪魔になる。
  5. 玄関に網戸があるとインテリアの雰囲気が壊れる。
これらは従来の玄関用網戸の弱点でした。
そこで、今回は従来の網戸の弱点を克服した商品を紹介します。
金属製の網戸タイプの折戸

悪い犬セイキグループのリリーブという網戸は、パンチングメタル(無数の穴を開けたアルミの板)タイプとスチール性メッシュ金網タイプの2種類が用意されています。
折戸になっていて玄関の内側に設置します。

開け閉めがしやすいのが特徴です。 従来の網戸を玄関に使うと、どうしても安っぽくなってしまいがちでしたが、リリーブは金属製なのでしっかりしていて高級感があります。

張替の必要がないので経済的です。ワンちゃんなどのペットが網戸を傷つけたり、たわませたりという心配もありません。

マンションの場合南側にメインの居室があり、大きな窓が設置され、北側に玄関があるタイプの間取りでは、特に玄関を開けると風がよく抜けるので、お薦めです。

オフシーズンは取り外し可能な玄関網戸

ドア玄関網戸をもう一つ紹介します。

セイキグループで出している網戸にプリーツ型の取り外しができるタイプの玄関用網戸があります。
コンパクトに畳むことができるので、使わない時は収納しておくことができます。

また、取り外しも簡単なので、掃除も楽です。
網戸を使わない冬期には外しておくことができるので、邪魔になりません。

 

おわりに

健康で清潔な住まいにするために住まいに風を通すことはとても大切です。

風を抜くために玄関を活用することで、家の中の空気が大きく変わります。リフォーム会社に相談してみましょう。

 

 

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る