知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 風の通りを良くして健康・省エネ住宅にする

リフォーム・リノベーション豆知識

4.風の通りを良くして健康・省エネ住宅にする

家の外観
風と住まいの関係

植物建物の中の空気を効率良く入れ替えることで、熱気を排出して涼しい住まいになり、また、アレルギーの元となるカビなどの発生を抑制するので、健康で快適な住まいになります。

今回は、リフォームによって、風のよく通る家にするための商品をご紹介します。

 

網戸を変える

通路と窓網戸は夏場、窓を開けても虫が入ってこないようする役割があります。
非常に便利なものですが、通常の網戸は網目のせいで、視界が悪くなり、せっかくの庭の景色や景観がはっきり見えなくなってしまいます。

また、網に埃が付着して汚れ、掃除も大変なのも難点です。
そこで、最新の網戸についてご紹介します。

YKKAPのクリアネット網戸です。
YKKAPのクリアネット網戸は、従来の網戸よりも風通しが良く、汚れにくく、視界が良くなる工夫がされています。

女性通常の網戸の場合、網を構成する糸は通常一本一本を織り込んで成形されているため、糸と糸との重なった箇所に大きな凹凸ができてしまい、ここに汚れが溜まりやすくなります。
クリアネットは、一本一本織り込んだネット面を加熱して、糸同士を融着させているので、凹凸が少なくなり、汚れがつきにくくなります。

また、従来の網戸の糸の経が0.25mmに対して、クリアネットは0.15mmと細く、四角い穴も1.2mmを0.9mm角と小さくしています。
これにより、視界がはっきりし、小さな虫も通りにくくしています。何よりも、糸が細くなったため通風量が向上しています。

通風換気のできる玄関ドア

リフォーム用玄関ドアはYKKAPの「ドアリモ」や、LIXILの「リシェントⅡ」があります。
どちらも一日で玄関ドアを交換できるカバー工法のタイプです。

それぞれ、ドアのシリーズの中に、通気窓の付いたタイプがあります。ドア
玄関ドアに、縦に細く通風窓を設置して、風が通るように設計されています。

ハンドルを上げて内側に開ける、あるいは上下にスライドさせて開けることができるようになっています。
勿論網戸が付いているので、虫は入ってきません。

玄関ドアを開けると風がよく通るのに、開けっ放しだと防犯上心配なのと、夏などは虫が入ってくるので、開けないで我慢していることが多いのではないでしょうか。
通風換気のできる玄関ドアはドアを施錠して締めたまま、風が抜けるので、防犯上も安心です。

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る