知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 住まいの緑化で快適&エコロジー

リフォーム・リノベーション豆知識

8.住まいの緑化で快適&エコロジー

ハーブティー
はじめに

屋上植物都市の中心部にある公共施設や大きなビル、マンションなどで屋上緑化や壁面緑化をしている建築物を見たことはありませんか。
都市の気温上昇によるヒートアイランド現象を防ぐ一助になっています。

住まいに緑を増やすことで、住んでいて気持よく美しい装飾となるだけなく、街の景観に癒しを与え、都市の緑化にも貢献します。

今回は手軽に住まいの緑化やエコロジー化ができるLIXILのエコリスシリーズについて説明します。

エコリスの省スペースプランターシリーズ

プランター既存の塀の上に置ける笠木型のプランターボックス「グリーンコーピング」があります。
塀の上にしっかりと固定できるので安心してプランターを設置できます。

また、自然石風の幅広の門柱の脇に強化木材でできたラックを設置し、花や緑を植えたプランターを一鉢ずつ縦5段に収めることのできる「グリーンラック」があります。

門柱に固定しなくても自立する「グリーンスタンド」もあります。
「グリーンラック」よりも幅が広く、プランターボックスを三段縦に並べたタイプです。

さらに幅の広い「グリーンフレーム」があり、これは目隠しに使えます。 いずれも省スペースで設置可能なので、これまで緑のなかった場所に好みの花や緑を飾ることができるので、ガラッと建物の雰囲気が変わります。

カースペースの緑化

車LIXILの提案するエコリス「緑化ベース」は、カーポートを緑化することができます。

525mm角の再生プラスチックでできた、高さ70mmの49個の突起(支持脚)により、車を支えることで、芝生を守ります。

地中の構成は排水材の上に砕石を重ね、サンドクッションを敷きその上に緑化ベースを設置し、客土を敷いて芝生を植えます。

突起には芝生の育成に必要な土壌への空気供給をするためのスリット部が設けられているので、芝生の育成を可能にしています。

通常モルタルや、タイル、インターロッキングなどでカーポートは仕上げられますが、「緑化ベース」により芝生のカーポートが可能になりました。

コンクリートのように熱くならず、周辺環境に貢献します。

 

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る