知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム・リノベーション豆知識 > 軽量化した伝統的な和瓦「ROOGA」とは

リフォーム・リノベーション豆知識

5.軽量化した伝統的な和瓦「ROOGA」とは

瓦の家波
和瓦の悲劇

瓦中越地震や阪神大震災の経験から、住宅に乗せる瓦はスレートやガルバリウム鋼板などの軽量なものが、建物への負荷を低減し、耐震性能を高めるということが一般的な考え方が浸透しています。

そのため、屋根材を、重い日本瓦や洋風のモニエル瓦などは、敬遠され勝ちになってしまいました。

しかしながら、和瓦や洋瓦の厚みのある、立体的で、陰影の深い、美しい屋根には捨てがたい魅力があります

そこで、今回は耐震性を考慮した軽量な瓦、ケイミューの「ROOGA」についてご紹介します。

ROOGAとは

家波ケイミューは、カラーベストシリーズに代表されるスレート瓦で有名なメーカーです。ケイミューの開発した「ROOGA」は、25mmという厚みがありながら、重さは従来の瓦のおよそ半分と、軽量化に成功しています。 軽さの秘密は、素材内に作られた無数の気泡です。

また、気泡のひとつひとつが網状樹脂膜により保護されているため、気泡内への水分の浸透を防ぎ、劣化を防いでいます。

施工方法も従来のモルタルを用いた湿式工法ではなく、ROOGA独自の乾式工法で施工されるので、施工しやすく、重たくなりません。

ROOGAの特長

家1.耐衝撃性

ROOGAは、主材料の無機材料に、繊維材料が補強材として、均等に練り込まれています。

この繊維が強い衝撃や荷重が加わっても、粘り強さを発揮し、割れにくく、また割れても破片が散らばりにくくなっています。

2.防汚性

ケイミュー独自技術による無機系塗膜「グラッサコート」により、紫外線から瓦独特の光沢や色を守ります。この塗膜により、瓦は長期間の寿命を得るため、再塗装のための時間やお金を節約できます。

「雅」と「鉄平」

ほうきとチリトリROOGAには2種類のデザインの瓦が用意されています。 そのひとつが「雅」で、伝統的な波を打つ優雅なデザインです。

「鉄平」はその名の通り、自然石の鉄平石をイメージしたデザインで、わざと厚みにむらを持たせて、深い陰影をおとした、味のあるデザインとなっています。

 

おわりに

屋根は建物のデザインを考える上で非常に重要です。厚く、立体感のある和瓦は建物に伝統的な美しさと、趣、落ち着きを与えてくれます。

和瓦で屋根のリフォームを考えるのであれば、耐震性にも寄与するケイミューの「ROOGA」を検討しても良いでしょう。

 

リフォーム・リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る