知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > リフォームとリノベーションの違い

リノベーション豆知識

1.リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い

 

リフォームとは


老朽化して傷んだ住宅「リフォーム」とは、老朽化して傷んだり汚れたりした建物の仕上げをきれいにする、故障してしまった設備を交換するなど、新築時の状態に戻す工事を指します。


マイナスの状態をプラスマイナスゼロの状態に戻す、機能回復という意味合いが強く、例えば、外装の塗替え、キッチンやトイレ、浴室などの交換、クロスの張り替えなどがリフォームにあたります。

 

リノベーションとは


リフォームとリノベーションリノベーションは既存の建物の外観や内装、間取りや設備等を大きく変え、建物の価値を高める、あるいは全く別の用途の建物にする工事を指します。


リフォームがマイナスの状態をプラスマイナスゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションは機能や価値を向上させるというプラスアルファを意味します。

 

内外装のデザインを現代的なハイセンスなものにしたり、住環境を最新の設備や器具を使って現代のスタイルに合わせて変更したり、格段に住みやすく快適にすることなどを指します。
耐震性能や断熱性能を高めたり、家族の変化やペットや趣味などのために間取りを大胆に変更したりすることもリノベーションになります。

 

リフォームとリノベーションの違い


住宅のリノベーションリフォームとリノベーションの違いは他にもあります。


まず、工事の規模の大小による違いです。キッチンや浴室の交換やクロスの張り替えなどの小規模な工事を単独で行う場合はリフォームに分類されます。

大きな間取りの変更や、複数箇所に及ぶ設備変更工事などはリノベーションに分類されます。


住宅を店舗や事務所に変更したり、オフィスビルを住宅用に改修したりするなど、用途の変更もリノベーションに属し、「コンバージョン(変換、転換)」とも言われます。


少子化により廃校となった校舎をオフィスや福祉施設に変えて、地域のニーズに対応する、空室の目立つオフィスビルを賃貸マンションにして、新たな需要を掘り起こすなど、眠っている都市の財産に新たな生命を与えることも、リノベーションならではと言えます。

 

リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る