知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > リノベーションで気をつけたいこと

リノベーション豆知識

4.リノベーションで気をつけたいこと

 

はじめに

 

リノベーションは先の章で説明したようにメリットもたくさんありますが、同時に気をつけなければいけない点もあります。
これもしっかり把握してより良い住まいを手に入れましょう。

 

耐久性の問題


リノベーションの注意点
いいなと思う物件が出てきた時、この物件が建築してから相当の年数が経っている場合は注意が必要です。
建物の構造そのものの耐用年数の問題です。


まず気にしたいのは耐震性能についてです。
日本の建築に関わる法規制は火災や地震などの経験を積むごとに様々に改正されてきました。

 

1981年(昭和56年)には耐震設計基準の大幅な改正がなされました。
1978年(昭和53年)の宮城県沖地震を契機として、抜本的に見直されたのです。
昭和56年以降新設計基準で建てられた建物については、実際阪神大震災でも大きな被害はなかったとされています。

 

つまり、目安のひとつとして、昭和56年以前の中古物件を購入する場合は注意が必要ということです。これは昭和56年以前の建物はダメということではありません。
国交省の定めによる耐震診断がなされ、耐震性能は問題無いと判断された、あるいは耐震改修工事がなされた建物については、心配は少ないと考えられます。

 

国交省の基準に則った耐震改修工事を実施した住宅には「耐震適合証明書」が発行されます 。
「耐震適合証明書」は、購入の際の安心材料になるだけでなく、購入後の住宅ローン減税や不動産取得税、固定資産税の減税といったメリットも購入者にもたらします。

 

確認申請と検査済証


リノベーション
逆に昭和56年以降に建てられたからといって安全というわけではありません。


中古住宅購入の目安として、確認申請の副本と検査済証の有無も確認しましょう。
建物は確認申請といって、建築物が法的に適合した設計であることを役所に所定の書類を提出します。
この確認申請が許可になって初めて着工できます。
検査済証というのは、設計通りに建物が建てられているかを役所が検査して発行する書類です。

ただし、戸建ての個人住宅の検査済証の取得率は現在でも70%程度と言われます。


古い住宅の場合検査済証が無いケースも多いので、あればより安心ということになります。

 

住むまでに時間が必要


リノベーションの資金計画中古住宅を購入した時、すぐに引っ越し可能な場合もありますが、リノベーションの場合、設計と工事の期間が必要です。規模と改修の範囲にもよりますが、やはり数ヶ月はかかります。

 

良い家を作るにはやはり念入りな打ち合わせが必要なので、ここはひとつ我慢のしどころです。 楽しみに待ちましょう。

 

資金計画


リノベーションリノベーションでは一般の新築のローンではなくリフォームローンになります。金利も若干高めで、返済年数も新築と較べると短くなります。

 

よって、月々の支払いも多くなるので、無理の無い資金計画を立てることが大切です。

 

 

リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る