知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >太陽光発電へのリノベーション

リノベーション豆知識

8.太陽光発電へのリノベーション

太陽光発電へのリノベーション

 

太陽光発電の仕組み


太陽光発電へのリノベーション太陽光発電システムとは、文字通り太陽光から電気を作り出すシステムです。


屋根の上に載せた太陽電池モジュールが太陽光を吸収し電気(直流)を作ります。
これを接続箱がまとめて、パワーコンディショナと呼ばれる装置で電気を交流に変え、 さらに分電盤により各部屋に電気を送ります。

 

これが基本的なシステムになります。


ポイントは太陽光発電により作った電気は住居内で使用できるだけでなく、余った電気を電力会社に「売る」ことができることです。
また、夜間など電力が足りない場合は電力会社から電気を買って使います。

 

太陽光発電のメリット


リノベーション太陽電池モジュールの面積による発電量にもよりますが、年間を通じて電気代を大幅に節約することができます。

 

場合によってはプラスマイナス0、あるいは利益が出る場合もあります。
電力自由化を背景に、太陽光発電のメーカーによっては、自社商品によって発電した電気を、電力会社より高く買取るサービスを開始しています。


また、発電状況はモニターによりわかりやすくユーザーに知らされ、発電量と消費電力量がひと目で分かるので、電気の節約の意識が生まれ、さらに電気代を節約することになります。これもメリットと言えるでしょう。


太陽光発電は、停電時でも天気の良い昼間であれば、自立運転機能によって電気を利用することが可能なので、災害など非常時に利用できます。


太陽電池モジュールが、屋根の温度上昇を防ぎ、室内の温度上昇を抑えてくれるので、2階の居住性が高まります。
さらに、太陽光発電は自然エネルギーを利用するので地球温暖化の原因であるCO2を発生しないため、地球環境の保全へも寄与します。

 

太陽光発電設置上の注意点


リノベーション太陽光発電は日当たりの良さが重要です。

 

周りが高い建物に囲まれているなど日当たりが悪い場合は思うような効果は得られません

。通常施工会社がシミュレーション表を出してくれるので、発電量と電気代がどのくらい安くなるのかきちんと確認しましょう。


また、既存の建物の強度も大切ですで、構造的にモジュール設置が可能か、確認が必要です。
補強工事が必要となるケースもあるのでしっかりとした調査を実施し、屋根への固定方法など、屋根形状や屋根材に応じた適切な工事をする会社を選びましょう。

 

 

リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る