知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 > 暮らしを楽しむリノベーション2 ペット編

リノベーション豆知識

10.暮らしを楽しむリノベーション2 ペット編

暮らしを楽しむリノベーション2 ペット編

 

ペットと暮らす

 

ペットと暮らすペットは共に暮らすかけがいのない家族です。
誰もがその可愛らしさに癒やされ、子どもたちには優しい心が芽生え、お年寄りにも生活の張りが生まれます。

 

ただ動物と一緒に暮らす上で様々な問題があるのも事実です。
人もペットも我慢しない、共に暮らすための空間へとリノベーションしてみましょう。

 

床・壁


犬や猫がいる場合、床材はクッションフロアーやフロアータイルなどは滑りにくく、耐水性も高いのでお薦めです。

フローリングであれば、アンモニアに耐性があり、引っかき傷などに強いタイプがあるので検討すると良いでしょう。コルクも適度なクッション性があり耐水性能も高く、滑りにくくお薦めです。


猫がいる場合、引っかき傷対策として、ペット用耐久性クロスがあり、通猫常のビニールクロスの約10倍の強度を持っています。

衝撃にも強く、汚れも落ちやすいという機能もあります。
匂いが気になる場合は、消臭・抗菌クロスを使用すれば、良い香りはそのまま、悪臭だけを取り除きます。

 

INAXのエコカラットなどの超多孔質セラミックタイルには調湿機能と消臭効果もあるので、検討してみても良いでしょう。

 

ペットの通れる建具


大建工業からは、室内ドアに、高さ320mm×幅210mmの長方形の開口を設けて、ペットの通れるくぐり戸を付けて提案しています。

 

犬小型から中型の犬猫用で、くぐり戸の素材には、やわらかい軟質系素材を採用し、万が一ペットが首をはさんでも、ケガをしにくくなっています。
半透明なので、くぐり戸にシルエットが映り、ドアをいきなり開けてペットに怪我をさせない配慮もされています。

 

マグネットのストッパーが付いているので、ペットが通らない時はぴったりと閉まり、冷暖房の効率を妨げません。
必要なときは開かないようにロック機能も付いています。

 

猫のストレス解消


猫が遊べるように、室内の壁面にいくつかの棚を段違いに作り、飛び上がったり、飛び降りたりすることで、ストレス解消にもなります。

 

また、装飾用の梁を天井に渡して、猫が歩けるようにするのも楽しいでしょう。

 

小型犬を洗う


犬ヤマハのアフェットは、大きな洗面ボールとシャワー水栓、毛などをキャッチしやすい排水カゴが設定された、小型犬をシャンプーすることの出来る洗面化粧台です。

 

滑りにくいシャンプーマットと専用リードの愛犬セットがオプションにあります。
ボウルの上でドライヤーをかけることのできるドライヤーボードも用意されています。

 

 

リノベーションのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る