知っておくと安心!リフォーム豆知識

杉並区リフォーム会社ミスタービルド杉並のトップ > 知っておくと安心!リフォーム豆知識 >屋根のメンテナンスの重要性と工事について

屋根・外壁のリフォーム豆知識

1.屋根のメンテナンスの重要性と工事について

屋根のリフォーム


屋根は住まいを守っています

 

屋根と外壁のリフォーム屋根は365日一日中、日射や雨風、雪から住まいを守るという過酷な役割に毎日耐えています。
屋根と外壁を較べたとき、南側に面する外壁面にかかる負荷を1とすると、35度に傾斜した屋根面にかかる負荷は2.5という実験結果もあります。つまり、外壁に塗ったら10年もつ塗料を屋根に塗った場合4年しかもたないということになります。

雨漏りが起きて初めて屋根の修繕を考えるということも多いかもしれませんが、そうなる前にもっと気をつけて、面倒を見てあげたい、建物の大切な部分が屋根なのです。


雨漏りを起こす前に


屋根のリフォーム雨漏りが起きた時、その原因を突き止めること、どこから水が来ているかを発見するのは非常に難しいことなのです。
水が入ってくる経路を水みちといいますが、一体どこから漏れてきているのか、屋根なのか、外壁なのか、他のどこかなのか、簡単には発見できないことが多いのです。

 

雨漏れを修繕するときは、怪しいと思われる箇所を一旦直し、雨の日を待って様子を見ます。
(1階屋根であればホースで水をまいて効果を確認する場合もあります。)
その結果によってはまた別の箇所を修繕したりすることもあります。


雨漏りの水みちを特殊な装置で調査することも可能ですが、調査費用も決して安価ではありませんし、修繕費相当の出費になる場合もあります。

よって、雨漏りが発生しないように定期的に調査し、必要な修繕をすることが非常に大切になってきます。

 

屋根を構成するもの


屋根瓦屋根は瓦などの屋根材だけで出来上がっているわけではありません。
瓦の下に敷く防水シート、屋根を載せている野地板、雨樋や破風(屋根の廻りを囲む板)や軒天(軒の下の板)などで構成されています。

これらも、それぞれに重要な役割をし、屋根の修繕の時に合わせて修繕することの多い箇所です。

屋根のリフォームと足場


屋根と足場屋根のリフォーム工事に際して必要になるのは足場です。 丸い鉄パイプを組み立てて板を乗せて作業スペースを作ります。
足場設置には結構費用がかかるので、せっかく足場を組むのであれば、併せて外壁などのメンテナンスも行うと経済的です。


屋根のメンテナンスのタイミングと外壁のメンテナンスのタイミングは通常同時なることが多いので屋根と外壁の改修工事は同時に行うと、建物にとってもお財布にとっても、助かります。

 

※画像はイメージです。

 

屋根・外壁のリフォームのことなら、ミスタービルド杉並にお問い合せください。
まだ詳細が決まっていない段階でも、お気軽にご連絡ください。
介護保険利用のリフォームについてもご相談を承ります。

お問い合せ

▲ ページのトップへ戻る